高橋一生 テレビドラマ

高橋一生 日曜劇場「天国と地獄」第4話 綾瀬はるかとの入れ替りに違和感が全くない

投稿日:

2021年1月から始まった日曜劇場「天国と地獄」第4話で一生さんは日高社長として会社で仕事をします。
しかし、中身は望月刑事の日高社長なので、
仕事の内容は全く分かりません、ちんぷんかんぷんです。

営業の社員と日高が殺人犯として疑われたことで契約を打ち切ると言ってきた取引先に出かけます。
そこにも警察が来たせいで本当に迷惑をこうむったと相手方の社員が憤慨します。

それを聞いて、警察官としての使命感に燃えている元々の望月刑事の気持ちを抑えられなくて、
その人に逆切れして説教を始めてしまいます。

会議に出席したらしたで、業績が下がったのは社長が疑われたせいなのにやり方が悪いからだと言ってしまいます。

社長の様子があまりにもおかしいので、
見かねた秘書に問い詰められ、
頭を打って記憶の一部がなくなったと説明しそれを社員全員に知らせます。

すると社員全員がとても心配してくれ日高をねぎらってくれます。
日高(中身は望月刑事)はそれをみて元々の日高に対する社員の親近感が意外なことに気づきます。

そんな日高(中身は望月刑事)を演じている一生さんのお芝居から、
第3話の終わりに望月刑事(中身は日高)が送ってきた動画に自分の身体で殺人を犯したであろうことがはっきりと映っていることで、
元に戻っても日高を逮捕することが出来ないことを突き付けられてしまったジレンマで葛藤している様子がよくわかります。

高橋一生 日曜劇場「天国と地獄」綾瀬はるかの胸倉をつかんで迫る

3番目の殺人事件の目撃者が現れますが、その証言が望月刑事(中身は日高)にそっくりなことから、
望月刑事(中身は日高)がその目撃者を殺すのではないかと心配になった八巻は、
日高(中身は望月刑事)に相談します。

日高(中身は望月刑事)はそんなことしたら返って足がつくからそれはしないんじゃないかと軽くあしらってしまいます。

しかし、八巻が言うようにもしその目撃者を殺してしまったらと思い始め、
そんな可能性があることを知らない顔をしてはいられないと考えました。

日高(中身は望月刑事)は望月刑事(中身は日高)に持っている証拠品を渡すと持ち掛け交渉します。

これ以上、人を殺さないと誓わないと渡さないし、送ってきた動画を今すぐ警察に送ると脅します。
そんなことをしたら元々の望月刑事も日高も捕まることは承知の上で望月刑事(中身は日高)の胸倉を両手でつかみ迫ります。

その迫真の演技はもうこれ以上、絶対に殺人事件を犯させたくない、
例え自分が元に戻ったとしても3度目の事件に関しては日高を犯人として逮捕できないだけでなく、
自分が捕まることも覚悟が出来ている日高(中身は望月刑事)の心情が激しくつたわります。

ますます、望月刑事が中に入った日高のお芝居が的を得てきています。
不自然ななよっとした感じが全くなく一生さんを見ていて望月刑事が話しているし動いています。
これからの展開がとても楽しみです。

-高橋一生 テレビドラマ

Copyright© 悩み解決 ワクワク生活 成功体験談 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.