羽毛布団の洗濯

羽毛布団の洗濯をコインランドリーで済ませたらふわふわになった

投稿日:

羽毛布団を洗濯したいけれどクリーニングに出すと高くて
家族全員の羽毛布団となるとかなりの出費になりますよね。

だからといって自宅で洗うと中のダウンが固まってしまわないように
何回も羽毛の絡まりをほごしながら干し直すなどして1日~2日もかかってしまいます。

そんな手間をかける時間が取れなかったり広げて干す場所がないので
コインランドリーで洗おうかと考えている方に参考になればと思い
自分がやってみてとてもきれいにうまくできた方法をご紹介しますネ。

羽毛布団をコインランドリーで洗う手順

羽毛布団を洗う時はもう1枚ポリエステルの薄い布団か毛布を一緒に洗います。
そうすると薄い布団は無料で洗えますし羽毛布団とこすれて汚れが落ちやすくなります。

シングルサイズの羽毛布団を毛布などと一緒に17キロの洗濯機に入れます。
(お店によってキロ数は少し違います。)

30分で洗い終わって取り出します。

するとこのようにぺちゃんこで四角いでキルティンの其々のなかで羽毛がコロンと固まってます。
ここで不安になる必要はありません。(初めて洗った時は本当にふわっとなるのかとても心配でした)

写真のように縦に4つ折りにしてたたんで一緒に洗った毛布などと
予備乾燥をします。14キロの乾燥機で30分。

取り出してみるとふっくらとしてほぼ出来上がりかと思うほどですが
まだ湿ったところがあるし、もっとふっくらさせるために
25キロの乾燥機で約20分まわします。

この時、重要なのはテニスボールを2個入れる事です。

これは羽毛布団が乾燥機の中で偏らないで風がまんべんなくいきわたるためです。

2回目の乾燥が終わってとりだしてみると
洗う前より布団の厚さが増していました。

洗う前 ↑↑

洗った後↑↑

料金は
洗濯    700円
予備乾燥  300円
仕上げ乾燥 300円

クリーニングに出すと4000円はかかります。

時間は
洗濯    30分
予備乾燥  30分
仕上げ乾燥 20分

ご自宅でするよりははるかに早く
当然のことながら労力は洗濯から予備乾燥へ次に仕上げ乾燥へと入れ替えるだけです。

羽毛布団の洗濯はどれくらいの頻度ですればいいの?

羽毛布団は通気性が良いので湿気をすってくれてさらにその湿気を外に逃がす性質にもすぐれています。
ですのでそれほど頻繁に洗濯しなくても大丈夫です。

ペットが汚したとか子供がおねしょしちゃったとかではない限り
布団カバーをかけて使用している場合は4~5年に1回で充分です。
(基本的にはカバーは必須です)

その目安として
・羽毛布団のふくらみがなくなってきた。
・干した後でもなんだか湿っぽい
・襟元の汚れが目立ってきた
・以前より温かくなくなってきた

などと感じられたら洗濯時かもしれません。

さらに、ご家族全員の羽毛布団を一度に洗わなくて大丈夫です。
時期をわけたり、洗い時かなと思うものから一年に一枚づつ洗っても心配ありません。

羽毛布団カバーの洗濯も重要です

カバーは羽毛布団の汚れを少なくするだけではなく
汗を吸い取ってもくれます。

ですから、出来るだけ頻繁に洗濯をした方がいいでしょう。
「頻繁に」とは言ってもカバーはかさ張りますので毎日はできないにしても
夏場は少なくとも一週間に1回、冬場は2~3週間に1回はしたほうがいいですね。

羽毛布団の洗濯の仕方はライフスタイルにあわせて

上記にはコインランドリーできれいにふわっとなった方法をご紹介しましたが
実際に洗濯する場合はそれぞれのご予算に合わせたり
就いてるお仕事のお休みなどの状態にもよります。

ですから、ご自身のご家庭に一番合った方法でされるのがよいでしょう。

-羽毛布団の洗濯

Copyright© 悩み解決 ワクワク生活 成功体験談 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.